スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ企画:新二年生へのインタビューPart1

合掌

さてさて読者の皆様お待たせいたしました。三月中といいながら、最終日の投稿で申し訳ありません。
予告しておりました、ブログ企画「新二年生へのインタビュー」Part1です。
本日のお相手は、私筆者こと杉谷拓紀とインタビューされる側、杉本将樹君です。

↓まずは杉本くんのプロフィールです。
杉本将樹 19歳   
得意技         :切抜
好みの女性のタイプ : 吉高由里子さん
趣味           :即興ラップ バンド活動
好きなアーティスト  : RADWIMPS UVERworld
カラオケ十八番    :クリスタルキング 愛をとりもどせ!
少林寺拳法部というより音楽系サークルみたいなプロフィールがかえってきました。

ではインタビューの様子を綴って行こうと思います。

-----------------------------

筆者) Q1、一年間、少林寺拳法部ですごしてみてどうだった?
杉本)とっても楽しかったです。男の同期がいなくって不安でしたけど優しい先輩がいっぱいいてくれたので充実した日々でした。

筆者) Q2、楽しかったって具体的には?
杉本) 少林寺経験があったこともあって入部したんですけど、以前やってたこととはスタイルの違う演武や新しい柔法が面白くてのめりこみました。

筆者) Q3、この一年で何か印象深く残っていることってある?
杉本)夏合宿が一番ですね。同期が諸事情で参加できなくて一年が自分1人だったんですけど、先輩方とたくさん話をして練習して、「この部の一員になったんだなぁ」っていう実感が涌いてきたのが印象に残ってます。

筆者) Q4、大学生活と、少林寺拳法部との両立って大変じゃなかった?
杉本) 確かに大変でしたけど、部活が楽しみになっていたので、大学に足を運ぶのが苦痛にならずに過ごせたと思います。

筆者) Q5、じゃあ,学生生活に少林寺拳法が与えた影響って何だと思う?
杉本) 部活にくることで、日ごろのストレス発散と、日々のメリハリのある充実した時間ができたことだと思います!

筆者) Q6、全体的に大学生活を振り返ってみてどうだった?
杉本) 本当に振り返るとあっという間だったように感じてます。時間があるようでなくって無いようであったようなイメージです。

筆者) Q7、一年振り返っての後悔ってある?
杉本) 部活と学部での勉強ばっかりでいつものメンバーしか回りにいないことですかね。もうすこし新しい人間関係を広げてみたかったなぁ、と思います。

筆者) Q8、じゃあ最後にこの一年の感想をどうぞ!
杉本) 同期が少なかっったため、不安でしたが面倒見のいい先輩たちに助けられながら1年間楽しい部ですごすことができました!ありがとうございます。来年は先輩になるので後輩にも自分がされてうれしかったことをしてあげたいと思います。


筆者) インタビューは以上です。ありがとうございました
杉本) ありがとうございました。
--------------------------------

筆者のジャーナリスト力があまり無くって若干広がりの無いインタビューになってしまったことを反省しております。。
つたない文章でしたが、お楽しみいただけたら幸いです。
Part2もできるだけ早いうちに更新できたらと思います。

結手
スポンサーサイト

合宿最終日

合掌

長かった本山合宿も昨日で最終日を迎えました。
振り返ってみると少林寺漬けで毎日取り組んでいたためあっという間に感じます。
朝起きて、ご飯食べて、掃除して練習して、講話を聴いて、また練習。
疲れているため早めの就寝。
規則正しい生活を行っていたためか、筋肉が合宿前と比べてついたようで、筆者の体重が3キロほど増えておりました。
さて合宿最終日についてです。
いつもと同じように作務のお掃除と練習、そしていよいよ合宿の集大成の団体演武発表でした。
筆者のチームでは団体演武初挑戦の拳士も多く、本番も緊張が見えました。
少ない練習時間ということもあり、本番ではそれぞれいろいろなミスがあり、少々ひどいものとなってしまいました。
周りの発表を見ると同じ練習時間とは思えない演武があり演武の構成力、指導力とも足りていないことを感じました。
1人作っているわけではないとはいえ、初段1人、1級二人(内1人筆者)だったので、まだまだ課題の多く残る演武発表となってしまいました。
できたこと、できなかったこと、今後の課題など得られたものも多い充実した一週間でした。
来年の大会、新入生勧誘など考え無くてはいけないことが山ほどありますが、一つ一つ消化して、またレベルアップできたらと思います。

合宿リアルタイム報告も終わったことですし、三月中に新たなブログ企画検討中です。
まだ筆者の頭の中で考えていることですが、そのうちアップしたい思います。

結手

2015本山

合宿4日目

合掌

いよいよ四日目です。疲労が溜まってブルーです。
本日も階級別技術練習、専門講義、団体演武練習、トレーニングといった内容でした。
練習内容を書き起こすとかわり映えしませんが、毎日違う技を扱っているため、めまぐるしく感じています。
普段の練習よりも参加人数が多いため、同じ柔法のかけ方でもまったくかからない人とかかる人などいろいろな
拳士に出会ったりと、バリエーションに富んだ経験ができています。

明日はいよいよ最終日です。
団体演武の発表会が待っています。
初日で組んだメンバーですが少ない時間内で、試行錯誤して一生懸命演武を組みました。
圧倒的に足りない練習時間でも楽しくやってきたので、作ったものを出し切って合宿を締めたいと思います。

筆者はダウンせずに合宿を乗り切れました。
最後まできっちり取り組んで行こうと思います。

結手

合宿三日目

合掌

合宿三日目が終了しました。折り返しです。
本日は、階級別練習、選択科目、団演練習、トレーニングといった内容でした。
初日にも行われた選択科目。基本やトレーニング理論、
救急救命、法階講義の四つから拳士が自ら選択しました。
筆者は、トレーニング理論を選択し、闇雲に筋トレを行うよりも効果的な、
計画、手段の立て方など、を学びました。
毎日少林寺生活をしていてあまり振り返る時間が無く感じます。
気がついたら残るところあと二日です。
本山合宿でしか得られない経験をたっぷり吸収したいと思います。

昨日、OBである竹本先輩が宿泊施設までお越しくださり、激励していただきました。
現役拳士一同心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

結手

合宿二日目

合掌

合宿二日目が終了しました。
本部の先生以外にもさまざまな地域からお越しいただいた先生方に、
直々に技術的な指導をいただきました。
二日目ということで、本格的に、練習と講和の繰り返しでハードな日程です。
講習、実践的な団体演武、トレーニングと盛りだくさんな内容ですが、
今のところ体調を崩している人はいません。体調管理をしっかりと行い、
折り返しの三日目もこなして行こうと思います。

結手

合宿初日

合掌

本日より、本山合宿C週が始まりました。
初日の日程ということもあり、基本や技術の理論の確認などが行われました。
また座学では会長より道訓についての講義を受講しました。

合宿の目玉でもある、学生たちの級や段、大学、性別を関係なくランダムに組む、団体演武の組み合わせも決まりました。
メンバー全員が違う大学なので、専修大学の皆も緊張をしていたようでした。
週末には発表をするので早く打ち解けて、いい経験になってくれればと思います。
階級の上の拳士、下の拳士入り混じってなので、教える、教えられることが多いと思います。
来年の新入生が来る前の予行のように捉え、自分なりに教え方を確立してほしいです。
本日の報告としては以上となります。明日の練習も張り切って参加して行こうと思います。

結手

本山合宿

合掌

明日、3月2日より本山合宿C週が開催され、専修大学少林寺拳法部からも、
10名が参加します。
一年生は初めての本山合宿で、普段かかわれない地域の大学生拳士と交流を期待していたようです。
一週間と長丁場ではありますが、体調に気を使いつつ楽しみながら全力で取り組んでいけたらと思います。

筆者がダウンしていない限り、読者の皆様に合宿の様子をお届けしていこうと思います。
楽しんでいただければ幸いです。

結手
プロフィール

専修大学体育会少林寺拳法部

Author:専修大学体育会少林寺拳法部
合掌

専修大学体育会少林寺拳法部の日々を語るブログです。

専修大学体育会少林寺拳法部HP
http://www.geocities.jp/senshusyourinji/

専修大学少林寺拳法部公式ツイッター
https://twitter.com/senshushorinji

結手

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。